浄土真宗本願寺派 清浄山 安楽寺

ギャラリー

茨木市 安楽寺本堂

本堂の写真:1735(享保20)年に建てられた本堂です。今も活躍中です。

茨木市 安楽寺の鐘楼

鐘楼堂の台:あまり見かけない形式の石積みが特徴です。サヌカイトのような感じが...。

茨木市 安楽寺の鐘

鋳直された梵鐘:太平洋戦争で梵鐘が供出されたため、戦後に鋳直されました。

安楽寺に残されている雲龍水(消防ポンプ)

雲龍水:火消し用の手押しポンプです。今や当お寺の守神的存在です。

法話に使う「二河白道」の絵

二河白道:私のひいおじいさんが描いた絵です。今も時折、法話の為に貸し出されます。

火災焼失前の本堂の飾り瓦

飾り瓦:この飾り瓦に書き付けがあり、本堂の再建年代の特定ができました。

檀家さんによる絵

檀家さんによる絵:檀家さんからの寄贈品です。今も大切に本堂へ掲げています。

安楽寺にある溶接室

TIG溶接に使うアルゴンの標識:TIG溶接の時に使うアルゴンガスの存在を示す標識。この標識が無いと万が一の火災時には、消防法で罰せられます。

安楽寺住職の描いた絵(曾祖父が描いた絵)

曾祖父が描いた絵:私のひいおじいさんは、僧でありながら絵師でもありました。今もその絵が残ります。

1810(文化7)年の菱灯籠

菱灯籠:1810(文化7)年に大坂屋さんから寄進されたもの。現在も現役で活躍中。

安楽寺近くの西国街道

西国街道:近くには西国街道が通り、今も風情ある町並みが残ります。

安楽寺の近くにある継体天皇陵

継体天皇陵:近くには今話題の継体天皇陵があります。研究の進展が楽しみです。

​© since 2004 by 浄土真宗本願寺派 清浄山 安楽寺

安楽寺にある溶接室

TIG溶接に使うアルゴンの標識:TIG溶接の時に使うアルゴンガスの存在を示す標識。この標識が無いと万が一の火災時には、消防法で罰せられます。