• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

あの明智光秀も入った!?摂津太田城について

拙寺の檀家さんでKさんという方は、代々この太田村にお住まいで、歴史や文化財について非常によくご存知でした。行政の刊行本でも執筆されたり、茨木市関連の歴史書籍などの記事には取材・執筆協力されるなどしておられました。  その方がお書きになった本などでは、太田城のことが紹介されています。この太田村は西国街道も通し、地形や位置的にも非常に重要な場所であったため、古くから城があったようです。今もその跡といわれる場所が残っています。 今、大河ドラマで戦国武将の明智光秀が取り上げられているので、ちょっと調べてみました。 ◎次の日(天正6年(1578)11月10日)、滝川左近将監一益、明智惟任日向守光秀、丹羽惟住五郎左衛門尉長秀、蜂屋兵庫頭頼隆、氏家左京亮直通、伊賀(安藤)伊賀守守就、稲葉伊予守良通、島上郡芥川、島下郡糠塚、同太田村、猟師川辺(地名?)に陣取り、御敵城茨木の城へ差し向かい、太田の郷、北の山に御砦の御普請申し付けられ候。(中略)茨木へ差し向かい候付け城、太田郷砦御普請出来(しゅったい)申すについて、越前衆、不破、前田、佐々、原、金森、日根野、入れ置く。(後略) ※『改訂信長公記』(新人物往来社)P235 それから以下は、城と直接関係無いのですが、太田村には宿もあり、宿場としても往来の人々に利用されていたようです。抜粋です。 ◎幕府御家人で摂津源氏の流れをくむという太田太郎頼基(「平家物語」巻一二判官都落ち)の居城があったと伝え、城の崎・城の前などの関係小字が残る(大阪府全志)。

 南北朝期には西国街道の宿所であったとみられ、応安4年(1371)有馬温泉(神戸市北区)へ出かけた京都八坂神社社家顕詮は、下向途中の9月20日、大田宿北側の「的屋」で一泊している(八坂神社記録)。 ※大阪府の地名1(平凡社刊)P185 専門家の調べでは、このように歴史的事実が判明しています。私にとって、あまりに身近で、そのようなことも、それ程に意識しませんでした。しかし、改めて研究結果を読んでみると、明智光秀の生きた戦国時代と、私が見てきた景色に共通するところがあるように思うと、何だか少しワクワクしますね。



伝太田太郎頼基の墓(顕彰場)

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年5月の言葉

誕生日がきたら、周りの人から「おめでとう、おもでとう」と言ってもらえる。それだけでいいのかな。自分より若いひとが、病気とか事故とかで、また今の時節で新型コロナウイルスにかかって亡くなるかたがある。いま元気で健康で生きていけるこのとありがたさを、もっと考えてみる必要があるように思う。この元気な身体に産んでもらったことを、もっと感謝しなければいけないのではないか。父や母、ご先祖に「ありがとうございます

安楽寺 令和3年4月の言葉

大阪では、3月31日、599人の新型コロナウイルスの陽性者が出た、とあった。オリンピックの聖火が、既に走り始めているのに、高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種もまだ始まっていないのに。大阪は、東京は、日本は、世界はどうなるのか。  拙寺の夜の勤行のあと、ご本尊のお顔を、しばらく見つめていた。ほほ笑んでおられる。あとは成るようになると。おまえが、やきもきする必要はない。与えられたことを、ちゃんと