• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和2年6月の言葉

新型コロナウイルス対策について、国は「非常事態宣言」は解除しましたが、北九州市・首都圏・北海道などは第2波が来ているようです。拙寺も4月・5月の会計はさんざんたるものでした。預貯金から足らないお金を出して、何とか生活している始末です。よってエンゲル係数が大きくなりがちです。6月もまた同じようになる予感がします。飲食業界同様、宗教分野でも影響は出ています。

合掌

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年5月の言葉

誕生日がきたら、周りの人から「おめでとう、おもでとう」と言ってもらえる。それだけでいいのかな。自分より若いひとが、病気とか事故とかで、また今の時節で新型コロナウイルスにかかって亡くなるかたがある。いま元気で健康で生きていけるこのとありがたさを、もっと考えてみる必要があるように思う。この元気な身体に産んでもらったことを、もっと感謝しなければいけないのではないか。父や母、ご先祖に「ありがとうございます

安楽寺 令和3年4月の言葉

大阪では、3月31日、599人の新型コロナウイルスの陽性者が出た、とあった。オリンピックの聖火が、既に走り始めているのに、高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種もまだ始まっていないのに。大阪は、東京は、日本は、世界はどうなるのか。  拙寺の夜の勤行のあと、ご本尊のお顔を、しばらく見つめていた。ほほ笑んでおられる。あとは成るようになると。おまえが、やきもきする必要はない。与えられたことを、ちゃんと