• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和2年7月の言葉

あっという間に、半年が過ぎてしまいました。この半年、自分自身したいこと、やらねばならなかったことはできたのか、できなかったのかと考えてみると、まことに心許ないというしか、言いようがありません。

 もうすぐ大変暑い日々がやってきます。忙しいお盆もやってきます。過ぎた半年を猛省し、ひとつひとつやるしかありません。そうです、ひとつひとつ確実に。

合掌

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年5月の言葉

誕生日がきたら、周りの人から「おめでとう、おもでとう」と言ってもらえる。それだけでいいのかな。自分より若いひとが、病気とか事故とかで、また今の時節で新型コロナウイルスにかかって亡くなるかたがある。いま元気で健康で生きていけるこのとありがたさを、もっと考えてみる必要があるように思う。この元気な身体に産んでもらったことを、もっと感謝しなければいけないのではないか。父や母、ご先祖に「ありがとうございます

安楽寺 令和3年4月の言葉

大阪では、3月31日、599人の新型コロナウイルスの陽性者が出た、とあった。オリンピックの聖火が、既に走り始めているのに、高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種もまだ始まっていないのに。大阪は、東京は、日本は、世界はどうなるのか。  拙寺の夜の勤行のあと、ご本尊のお顔を、しばらく見つめていた。ほほ笑んでおられる。あとは成るようになると。おまえが、やきもきする必要はない。与えられたことを、ちゃんと