• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和3年5月の言葉

 誕生日がきたら、周りの人から「おめでとう、おもでとう」と言ってもらえる。それだけでいいのかな。自分より若いひとが、病気とか事故とかで、また今の時節で新型コロナウイルスにかかって亡くなるかたがある。いま元気で健康で生きていけるこのとありがたさを、もっと考えてみる必要があるように思う。この元気な身体に産んでもらったことを、もっと感謝しなければいけないのではないか。父や母、ご先祖に「ありがとうございます。生きております。」と。

 誕生日は、感謝の日でもあると思う。

合掌

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年11月の言葉

親しくお付き合いしている寺院が、数ヶ寺あります。そのご寺院も拙寺と同じく、横並びで令和2・3年の寺の法要は、コロナのために全て中止。来年もどうなるか、異口同音に「分からない」とのこと。 合掌