top of page
  • 執筆者の写真清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和5年7月の言葉

 今年のカレンダーも半分になりました。本当に時間が過ぎ去るのが早くなり、あっという間の半年でした。ある心理学者は、子どもの時や若い時、毎日毎日新しい経験や発見があるので、時間の流れは遅く感じるそうです。私みたいに年を重ねると、毎日新しい経験や発見はあまり無く、それで時間の流れは単調になってしまい、あっという間に時が過ぎ去ってしまう、ということらしいです。

 もう一度、学生時代にお世話になった先生の本を奥から引っ張り出してきて、読み返さなくてはと、しきりに思う昨今です。何かあたらしいことが、出てくるかもしれません。「今、今」の連続が時間とするならば、今を大事に生きていかなければならないと思っています。

 コロナが、第9派に入っています。このことも、よく気を付けていかねばならないと思っています。

合掌





閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page