top of page
  • 執筆者の写真清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和6年1月の言葉

 安楽寺門信徒、ならびに関係者各位におかれましては、あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、どんなお正月でございましたでしょうか。  まず、申し訳けございませんが、ボヤキから。アルバイトの6人で行われた「除夜会(じょやえ)」の「振る舞い年越しそば」について。わりと暖かで、晴れの日が続いた去年の年末でしたが、大晦日の夜だけ雨だったこと。なんでやねん!お陰様で、そば麺とそのだしが、40食ほど余ってしまいました。やりきれなく思っています。また「振る舞い供養菓子」が3分の1、余ってしまいました。これも残念です。

 新年の1月1日、夕方に大阪北部で震度4の地震があり、最初は南海トラフ地震が来た!・・・、と思いましたが、NHKのテレビを観て、能登半島の震度7の地震が、そして余震も多々。輪島市では大火災が発生とありました。2日の朝テレビをつけて、能登半島の多くの市や町の様子が映し出されるのを観て、なんと言ったらよいか、甚大な被害があったようです。亡くなられた方々も沢山おられた様子でした。気の毒に・・・。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。とお念仏が出てきてしょうがありませんでした。

 2日の昼過ぎ、箱根の往路優勝した青学大の原監督が「こうして走れることがありがたい」と万感を込めて言っていました。

 その夜、羽田空港で事故がありました。私の妻の弟夫婦が大阪へ帰省して、飛行機で夜に羽田空港へ帰りました。事故があった30分前に到着していたようです。東京から家に着いて、そのことを電話が妻にありました。今年は私も含めて何があるか分からない年になるかもしれません。南無阿弥陀仏。

合掌




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page