• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 平成30年12月の言葉

最終更新: 2019年1月10日

今夏の地震や台風によって、満身創痍の安楽寺本堂と庫裏。いつもお世話になっている、宮大工さん、左官屋さんなどのお力により、だんだん傷口が治ってきています。本堂屋根の、降り棟だけが、約100ヶ寺待ちだそうです。ああ、瓦屋さん。

合掌

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年3月の言葉

首都圏方面は、新型コロナウイルスの真っ只中です。関西方面は、少しは収まりつつあるようですが、リバウンドにならなければいいがなぁ、というところです。  来たる4月に予定しておりました「永代経法要」は、寺の役員さん方との話し合いの結果、中止ということになりました。誠に残念です。 南無阿弥陀仏・合掌

安楽寺 令和3年2月の言葉

1月も、あっという間に終わり、今や新型コロナのウイルスのワクチンを、世界中で争奪戦。日本は出遅れたのか、未だに見通せないようです。 一刻も早く早く、と思っているのですが...。河野太郎さん、頑張って下さい。 合掌

​© since 2004 by 浄土真宗本願寺派 清浄山 安楽寺