• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和元年5月の言葉

最終更新: 2019年5月7日

年齢を重ねると、確かに体力は衰えてくる。しかし一日前・一ヶ月前・一年前、なぜあのような失礼な言葉を、態度や行動を、言ったのか・したのかが、仏法にてらすと猛省することが、だんだん出来るようになる。有り難いことだ。今よりもっと精進しなければならないと思う。

合掌

44回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年3月の言葉

首都圏方面は、新型コロナウイルスの真っ只中です。関西方面は、少しは収まりつつあるようですが、リバウンドにならなければいいがなぁ、というところです。  来たる4月に予定しておりました「永代経法要」は、寺の役員さん方との話し合いの結果、中止ということになりました。誠に残念です。 南無阿弥陀仏・合掌

安楽寺 令和3年2月の言葉

1月も、あっという間に終わり、今や新型コロナのウイルスのワクチンを、世界中で争奪戦。日本は出遅れたのか、未だに見通せないようです。 一刻も早く早く、と思っているのですが...。河野太郎さん、頑張って下さい。 合掌

安楽寺 令和2年12月の言葉

本年は、コロナで始まり、コロナで終わりそうな1年ででした。紅白歌合戦も無観客で行われるとか。また、多くの鉄道などは、大晦日から元旦にかけての深夜運転は、中止するとか。 拙寺では、除夜の鐘打ち、振る舞い年越しそば、本堂参拝などは、万が一のことをかんがみ、密を避けるため、中止させていただきます。 どうか来たる年が、日本、いや全世界が、良い年になっていくように願うしかありません。そして、来年の東京オリン

​© since 2004 by 浄土真宗本願寺派 清浄山 安楽寺