top of page
  • 執筆者の写真清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺という名のお寺

更新日:2019年9月14日

当寺は、清浄山(しょうじょうざん)安楽寺と申します。大阪府茨木市太田に、元亀元年(1570)からの興りに由来します。

 ご存知のように、インターネットで「安楽寺」と検索してみますと、全国に無数の同名のお寺が現れます。何と、同じ茨木市内に、他にも2箇所の同名のお寺がございます。

 それぞれに由来があり、歴史を重ねてきたお寺ですので、名称を変えるわけにはいきません。当寺へお越しになる時、検索される時は、「茨木市太田 安楽寺」と指名いただくと、間違い無いかと思います。

合掌


本堂の広縁

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和5年8月15日の言葉

15年戦争が終わって78年が経ちました。私は戦後生まれですので、父母から戦争のことはある程度は耳にしておりました。太田(大阪府茨木市)は田舎ですので、空爆などは、一度もなかったらしいです。 さて、平成元年6月24日に52歳の若さで亡くなった美空ひばりさんが、反戦歌として「一本の鉛筆」という歌を、昭和49年に発表しています。その歌詞を書いてみます。 「〜略〜 一本の鉛筆があれば、私はあなたへの愛を書

bottom of page