• 清浄山 安楽寺(大阪府茨木市)

安楽寺 令和2年12月の言葉

本年は、コロナで始まり、コロナで終わりそうな1年ででした。紅白歌合戦も無観客で行われるとか。また、多くの鉄道などは、大晦日から元旦にかけての深夜運転は、中止するとか。

 拙寺では、除夜の鐘打ち、振る舞い年越しそば、本堂参拝などは、万が一のことをかんがみ、密を避けるため、中止させていただきます。

 どうか来たる年が、日本、いや全世界が、良い年になっていくように願うしかありません。そして、来年の東京オリンピックが、無事に開催されることを、切に念じるばかりです。

合掌、南無阿弥陀仏・・・。

93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安楽寺 令和3年5月の言葉

誕生日がきたら、周りの人から「おめでとう、おもでとう」と言ってもらえる。それだけでいいのかな。自分より若いひとが、病気とか事故とかで、また今の時節で新型コロナウイルスにかかって亡くなるかたがある。いま元気で健康で生きていけるこのとありがたさを、もっと考えてみる必要があるように思う。この元気な身体に産んでもらったことを、もっと感謝しなければいけないのではないか。父や母、ご先祖に「ありがとうございます

安楽寺 令和3年4月の言葉

大阪では、3月31日、599人の新型コロナウイルスの陽性者が出た、とあった。オリンピックの聖火が、既に走り始めているのに、高齢者の新型コロナウイルスのワクチン接種もまだ始まっていないのに。大阪は、東京は、日本は、世界はどうなるのか。  拙寺の夜の勤行のあと、ご本尊のお顔を、しばらく見つめていた。ほほ笑んでおられる。あとは成るようになると。おまえが、やきもきする必要はない。与えられたことを、ちゃんと